【衝撃】新型コロナウイルスは「生物兵器」だった!?  真の発生源かもしれない「武漢病毒研究所」の裏の姿とは | はやりもん

【衝撃】新型コロナウイルスは「生物兵器」だった!?  真の発生源かもしれない「武漢病毒研究所」の裏の姿とは

事件

中国・武漢で発生した新型コロナウイルス。

日本でも感染者が出たり、驚異のスピードで全世界に感染が広がっています。

海鮮市場が発生源と言われていますが、とんでもなく怪しい噂が…

スポンサーリンク

新型コロナウィルスの現状

新型肺炎の感染者数はここ1週間で急増して3000人余りに達し、80名以上が亡くなりました。

ただ、その感染者数も最大で12日間と言われる潜伏期間中の患者は含まれていないため、全く信用できません。

イギリスのランカスター大学とグラスゴー大学、そしてアメリカのフロリダ大学の研究者からなる研究チームの科学論文は「2月4日までに、武漢だけで感染者数が最大で35万人以上に達する」と予測しています。

その研究チームによると、武漢で感染していると診断された人々の数は、実際の感染者のわずか5.1%に過ぎないといいます。

つまり、残りの95%は潜伏期間中の患者であり、この理論だと年初から1月21日までの武漢での感染者数は11341人! 公式では440人と発表されていた時期にです。

今後の感染予測

そして、このまま武漢で感染拡大の勢いが衰えない場合、2月4日には武漢での感染者数は25万人以上になるとの予想も。

となると現在、武漢で建設中の2つの病院だけで対応できるはずもなく、新型コロナはコントロール不能になる可能性が非常に高いと危惧されています。

大流行すると言われる都市は

研究チームによると、今後爆発的大流行が起きるとされる都市は、

中国国内では上海、北京、広州、重慶、成都。

海外ではタイ、日本、台湾、香港、韓国の名前が挙がっています

武漢病毒研究所がウィルスを作ったのでは!?

1月24日付の米紙「ワシントン・タイムズ」や複数の欧米メディアが新型コロナは武漢の「武漢病毒研究所」由来であると報じました。これまでは発生源について患者が多く発生した武漢市内の海鮮市場でコウモリの持つコロナウイルスが何らかの形でヘビに移り変異したという説が有力でしたが…

ヘビの仲介には世界中の科学者からウイルスの構造上「ありえない」と異論が噴出!

そして疑惑の目が向いたのは…武漢病毒研究所です。その根拠は…

疑惑の根拠

中国事情通のライター情報によると

「武漢病毒研究所は海鮮市場から約30キロの場所にある。同所は表向きは中国における自然科学とハイテク総合研究の総本山になっているが、裏ではSARSやコロナの研究のほか、様々な病原菌を使って〝生物兵器〟を作っていると噂されている」

「その1つである新型コロナが何らかの理由で外部に流出し、海鮮市場を中心に拡大した可能性もある」

中国当局はコロナウイルスのゲノム解析を終え、すでに抗ウイルス薬の臨床実験に取り掛かっていることを公表しているが、これも疑惑を深めることとなりました。

ある医療従事者は

「世界中の医療機関が手を焼くなか、中国の解析スピードはありえない。中国だけに国民を安心させるために吹いている可能性もあるが、あらかじめ新型コロナのデータを持っていたとしたらどうだろう? こうした手際の良さも生物兵器由来である疑いを強めている」 と。

苦しい反撃

欧米から疑惑を突っ込まれた中国は、ネット上で「米国がウイルスをまき散らした」と苦しい反撃に出ています。

武漢病毒研究所絡みの噂は真偽は不明ですが、これが本当なら怖いですね。早く終息して貰いたいものです。

こちらもおすすめ

事件
スポンサーリンク
はやりもん