【衝撃】配偶者以外との「行為」を条件付きで容認する"不倫ワクチン" コレで本気の不倫を防げるか!? | はやりもん

【衝撃】配偶者以外との「行為」を条件付きで容認する“不倫ワクチン” コレで本気の不倫を防げるか!?

暮らし

東出昌大の不倫が公になって、大バッシングが起こっていますね。相当なイメージダウンで東出は仕事激減。相当なダメージを受けています。

男には不倫する男と不倫しない男がいます。東出のような不倫しやすい男とはいったいどのような男なのでしょうか。

また、不倫を未然に予防する「不倫ワクチン」についても紹介します。

スポンサーリンク

気配り、お金、寂しがり屋…

まず、夫が2度も不倫した女性の事例をご紹介します。

千里さん(仮名、35歳)は勤めていた商社で職場結婚をしました。退職し、現在は派遣で働いています。夫の浩二さん(仮名、43歳)も退職後、工業用部品を扱う会社を経営しています。

前職のとき、千里さんは夫の2度の浮気問題で悩んでいました。半年間のタイ出張の際、そこに住む日本人の女性と会っていたのが1度目で、千里さんと一緒に働いていた同僚が通告してくれたのです。2度目は1年前、相手は英会話スクールで知り合った女性で、夫のスマホを見て発覚しました。

1度目のとき、千絵里さんは小さな子どもを実家に預けてバンコクのマンスリーホテルまで乗り込み、現地の部屋で3人で話し合いをしたという修羅場を経験しています。夫は「もう会わない」と約束したので許すことにしました。子どもが2人おり、家族関係を続けるしかなかったのです。にもかかわらず、2度目は18歳年下の女性と英会話レッスンの後にホテルに行く始末。まさに懲りない夫。

千里さんに聞くと、「浮気する人と分かっていて結婚したから、『やっぱり』っていう感覚でした。職場ではよく気が付くし、女性社員にいつも笑顔であいさつしているし、女性ウケがよかったから」。つまり、覚悟があったと言います。

「旦那は仕事ができて英語も達者で、とても強そうに見えるけど、二人きりになると弱音を吐いてショボンとした顔を見せるんです。きっと、他の女にもそんな態度を取っていると思う。放っておけないタイプです」。なるほど、千里さんもそこに“ギャップ萌え”したわけです。

「それに私も今は、不倫じゃないけど気持ちだけは、ある男性に向いています。夫は家族、気持ちはそっち(の男性)。もちろん一線は越えません。好きという気持ちだけで十分、なんだか毎日楽しくなります」

このアホ面もギャップ萌えの一つか

不倫気質 7つの特徴

このような女性たちの話から、「不倫気質」の男性にみられる7つの特徴をまとめてみました。

・アクティブで仕事ができるが、二人きりだと弱い顔を見せる
・対女性に限らず、周囲に気配りができる
・自由に使えるお金がある
・イノベーション気質で、常に新しいことに目を向けている
・バリエーションに富む性交渉を求める
・寂しがり屋である
・「家族愛と恋愛は別」という価値観を持っている

一方で、これらの特徴に当てはまらないイレギュラーな男性、つまり、「無口で奥手」「経済的に豊かではない」「女性には興味がなさそうに見える」「おしゃれをしない」といったタイプの男性も、不倫に走っているケースがあるのです。それには環境が影響しています。

環境が影響するケースも

例えば、好みの女性が近くに現れ、その女性と親密に会話できる環境にあった場合、妻とうまくいっていなかったり、夫婦仲はよいのに性交渉がなかったりすると、男性はマイナス要因を埋める行動を取ってしまいます

不倫気質の男性にみられる特徴を押さえつつ、気持ちの浮き沈み状態や環境によっては、例外的な不倫のケースもあると認識しておくのがベターです。些細な事でも不倫に走ってしまうケースがあるということです。

不倫ワクチン

皆さんは”不倫ワクチン”という言葉を聞いたことがありますか?

「腕に注射する」とか「薬を体内に入れる」とかじゃないですよ!

社会学的に不倫を考察している 坂爪真吾さんの著書「はじめての不倫学」(光文社新書)で “不倫ワクチン”の開発を提言しています。このワクチンは一言でいえば「配偶者以外との性交渉を“条件付き”で容認することで、家庭崩壊を招く不倫を阻止できる」ものです。

もちろんこの提言には賛否両論あります。

「夫も妻も『他で性交渉してOK』の許可証を交わすのか?」と疑問をもちますが、「疑似不倫体験で良い」とのこと。つまり、事例の千里さんのような「気持ちだけ不倫」もワクチンになり得ます。

「気持ちは“恋”をしている。けれど心の中だけ」。相手が俳優でもアスリートでも“エア恋愛”の域。

「許可制婚外性交渉」は反対な人は多いと思いますが「疑似不倫体験レベル」エア恋愛なら良いと考える人は多いのではないでしょうか。

例えば、同窓会で再会したクラスメートに「昔好きだったよ」と打ち明ける「あるある会話」や、性交渉はないけれど、2人で映画に行ってLINEで感想を伝え合う「恋人未満の関係」も当てはまります。(ここからズルズルと関係を深めるのはNG)

不倫の(可能性がある)相手は突然現れてくるものです。東出が「誠実なイクメン」のイメージを持たれていたように、「私は絶対そんなことしない」と言う妻、「真面目で誠実」な夫にも、そのときの心理状態と環境によってグサリと来る可能性は否定できません。「見かけによらない」ことを肝に銘じましょう。

不倫をする前に・家庭崩壊となる前に、夫婦感でこの「不倫ワクチン」の会話をするだけで、パートナーとの向き合い方が変わってくると思いますが…世の中のカップルの皆さんいかがですか?